退 去 の 手 続 き

1.退去申し出 契約書の裏表紙に付いている「退去申出書」を、管理業者または貸主へ届けてください。
通常、退去する30日前までに通告することになっています。
40日前までに通告することになっている物件もあります。
退去を申し出た日から、30日(40日)分の賃料を日割り計算で支払うことになっています。
事前に
退去立会日時を管理業者と打ち合わせてください。
退去申込み記載事項
 退去申し出日 退去日  退去立会日時
 転居先 住所 電話番号
 敷金の清算金
振込口座
2.所有物搬出 賃貸物件内にある自己所有物をすべて搬出してください。
不要な雑誌・ゴミ等もすべて搬出してください。
取り付けたエアコンは、必ず外してください。
貸主へ、買い取り請求をすることはできません。
残したものがあった場合には、その
処分費用は借主の負担となります。
3.室内外清掃 必ず室内外を清掃してください。
清掃の程度により、室内クリーニング費用が、変わってきます。
4.諸届け 電気・ガス・水道・新聞等を止める手続・電話移転手続きをしてください。
郵便局銀行へ住所移転の届けを出してください。
カタログ販売等宅急便で送付されるものへも住所移転の手続きをしてください。
金融機関で賃料の
定額送金をしていた方は、必ず止める手続きをしてください。
止めるまで賃料が、支払われてしまいます。
5.退去立会 を返還していただきます。
鍵が紛失していたり、別の鍵の場合は、取り替えますので費用を負担していただきます。
室内外の点検をして
補修工事ヶ所を、決めます。
基本工事は、
の表替え、の貼り替え・室内クリーニングです。
クロスの破損・たばこのヤニに汚れ等は、
借主の責任となる工事です。
この費用は、借主の敷金から差し引かれます。
6.敷金精算 退去から1ヶ月以内に敷金の精算が行われます。
敷金から、未納金、補修工事費が差し引かれ精算されます。
清算金は、現金渡し、または口座振り込みで支払われます。

ホーム  借入手続きの仕方  入居の準備  入居後の暮らし 入居後のトラブル