入居後のトラブルと手入れ

1.トイレ 便器の詰まり
手順1・まず、周りに水がこぼれたときの予防処置として便器周りの床に、新聞紙やぼろ切れを敷いておきます。
手順2.
吸引機を密着させ、静かに押しつけ、勢いよく引き上げます。これを繰り返します。
便器の水が止まらない
手順1.ロータンクのレバーを2〜3回上下してみる。
手順2.ロータンクの止水栓をドライバーまたはコイン等で回して止め、上蓋を開ける。
     給水管が上蓋に付いている場合、ビニールの接続パイプを外します。
手順3.
よじれて浮きゴムが上がりっぱなしの場合は、よじれを直す。
手順4.
放水口浮きゴムにゴミやぬめりが付いているので拭き取る。
手順5.
浮球の位置のずれや引っかかりは、浮球支持棒調整して直す。この時浮球支持棒を無理に曲げないこと。
 以上の手順でも止まらない場合は、貸主または管理業者へ連絡してください。
 浮きゴム・浮球・浮球支持棒等の交換が必要となります。    
2.水道 水道の蛇口から水がぽたぽた落ちる場合は、古くなったコマ取り替えが必要です。
水栓の取付当たりから水が漏れている場合は、
パッキン取り替えが必要です。
3.洗濯機 水道の蛇口との取付器具が外れ、水浸しになるケースが多く発生しています。。
特に
全自動のタイプに多いようです。
取付器具は固く取付け、時々点検をしてください。
水栓を開けたままにしないで、洗濯終了後は、必ず閉めるようにしてください。
夜間早朝の洗濯は、騒音となり、周りに迷惑です。2階の場合、振動が階下に響くこともあります。
午後9時から午前7時頃までは、洗濯機の使用は、控えてください。
4.湯沸器 冬季、凍結によりガス湯沸器が、故障することがあります。
ガス湯沸器内部にはヒーターがありますので、
長期不在時外出時ブレーカーを切らないでください。
5.鍵 鍵を紛失した場合は、必ず届けてください。貸主の了解を得て、取り替えてください。
鍵を取り替える場合は、鍵は3本1セットですので、1本は必ず貸主へ渡してください。
鍵取替費用は、借主の負担となります。
6.浴室 排水が詰まってしまう主な原因は、髪の毛です。
定期的に排水口の
清掃をしてください。
排水口部分の目皿を外し内部の器具に溜まっている髪の毛などを取り除いてください。
浴槽への出入りの際、洗い場にある
排水口の蓋に乗ってしまい、そのため樹脂製の蓋が破損するケースが有ります。
踏みやすい位置にある排水蓋に乗らないよう注意してください。
7.照明器具 蛍光管・白熱球の交換費用は、借主の負担です。
ホタルスイッチが点灯しないで、照明器具が点灯しないときは、ホタルスイッチの交換が必要です。
8.ベランダ ベランダにある排水口が詰まると、豪雨時にベランダに水があふれ、敷居を越えて室内に浸水する恐れが有ります。
排水口周りの落ち葉やゴミなどを取り除いてください。
9.物干し ロープを使用しないで、物干し竿を使用して下さい。
物干し金具は、横に対する力に弱いので、
ロープ類を使用すると、内側に強く引かれるため金具が壊れることがあります。
ふとん等の重量物を干したとき、強風にあおられ金具が壊れる場合があります。

ホーム  借入手続きの仕方  入居の準備  入居後の暮らし 退去の手続き